宇治茶の美好園
   
HOME 会社案内 商品案内 ご購入 茶道体験 周辺観光案内 豆知識 リンク
  メニュー
宇治茶の歴史
茶道の歴史
古儀茶道薮内流
本願寺の歴史
お濃茶
炭点前
 
美好園の茶懐石(点心)
茶道体験+茶懐石体験
茶事体験
美好園facebookページへ
 
本願寺、藪内御家元 御用達
「創業明治五年」
株式会社 美好園
 
〒600-8347
京都市下京区油小路通
花屋町下る仏具屋町235

ご質問・お問い合せは
こちら
まで。
TEL: 075-371-1013
FAX: 075-361-3909
E-mail:info@bikouen.com

 
豆知識

■ 宇治茶の歴史

人類が茶と遭遇した歴史は非常に古く、記録の上では約2000年、神話の世界では約5000年前であろうと推測されている。茶樹は永年性の常緑樹で、比較的温暖な年平均気温が13℃以上、雨量が年1500ミリ、弱酸性土壌の亜熱帯地方に多く分布し、植物学的にはツバキ科カメリア属である。原産地は、中国雲南省、貴州省、四川省の三省にまたがる山岳部が原産地であろうという説が定説となっている。中国に現れる最初の茶についての記録は、紀元前59年前漢の時代に記述された「王褒の童約」の一文や、中国最古の農書と言われる「斉民要術」にも茶樹についての記載が見られる。その後、唐代に陸羽によって著された「茶経」(760年前後)により、当時の茶の産地や加工法、喫茶法が明らかになっている。

日本の喫茶の起源について、歴史的に信頼できうる記録としては、平安初期の日本後期の記述で、815年に「嵯峨天皇に大僧都永忠が梵釈寺において茶を煎じて奉った」というものである。永忠がさしあげた茶は、中国唐の時代の茶であったと思われる。同年、天皇は畿内及び近江、丹波、播磨の国に茶を植えるよう命じている。その後、遣唐使の廃止とともに茶を飲む習慣は衰退してしまう。

1191年、栄西により中国「宋」より茶種を持ち込まれたと言われている。栄西は種子と共に宋の時代の抹茶法(茶の飲み方)を伝えている。また栄西は日本最初の茶の書物である「喫茶養生記」を時の将軍源実朝に贈っている。栄西は、京都栂尾高山寺の明恵上人 に茶の種子を贈り、明恵上人が栂尾に植えたのが、栂尾茶の始まりである。その後、明恵上人が宇治に茶をまいたのが、宇治茶の始まりと伝えられる。

南北朝の末に登場を見た「宇治茶」は急速に名声を高めていく。天下に知られていた宇治茶も、14世紀末ごろまでは、栂尾の茶を本茶と呼ぶのに対して「非茶」と呼ばれていた。 宇治七銘園が拓かれ、宇治は天下一の茶産地となり、栂尾に代わり本茶の地位を固める。当時の宇治茶は、贈答品としてもてはやされた。

江戸時代、幕府が使用する宇治茶は、毎年幕臣が使者となって宇治から江戸城へ運んでいた。これを宇治採茶使と称し、俗に御茶壺道中と呼ばれたものである。現在の宇治市街の大半は幕府が直接管理していた。宇治は、元来水陸交通の拠点として、首都京都攻防の要塞として、政治上極めて重要な位置にあったが、伏見城の新設によりその位置は後退したにも関わらず依然として幕府が直轄した背景に、宇治のみ許された覆い下手法による、全国に比類のないてん茶の産地という特殊性にあったと言える。

1738年宇治田原湯屋谷の永谷宋円が、現在の煎茶製法を創製した。その後、この製法が全国に普及していったのである。全国各地が宇治製法にかわりつつあったころ、宇治では覆下茶園から摘採した茶芽を宇治製法によって煎茶とする試みが行われていた。ここに誕生するのが玉露である。1835年、江戸の茶商、山本翁が宇治の焙炉場で偶然生み出したと言われている。その後、維新の変革により将軍家と宇治茶師との関係が絶え、さらに茶道も一時衰退し、てん茶の需要が減少した。この時、宇治の茶業者・辻利兵衛が玉露製法に手を加え、現在のような細伸、鮮緑なものにした。

機械による製茶が行われはじめたのは、明治29年頃で、高林謙三による製茶機械の発明後である。機械が導入された当初、精揉機の性能が大変悪く、中揉みまでは機械で行い、その後は手揉製法で加工された。手揉製法の重労働とほいろ師の人件費の高騰、さらには、機械の改良により手揉製法は衰退していった。

明治初期、宇治市・京都市周辺には、京都府の約半分の1300ヘクタールの茶園があったが、時代の経過と共に茶園面積は減少の一途をたどり、現在宇治市内には100ヘクタールを下回る状況にある。しかしながら、宇治市の茶は品質において現在においても日本一であることは全国の茶品評会等で証明されており、今後も生産者や茶商工業者のたゆまない努力によってその名声は引き継がれるものと思われる。
トップに戻る 

Copyright (c) bikouen, Inc. All rights reserved