宇治茶の美好園
   
HOME 会社案内 商品案内 ご購入 茶道体験 周辺観光案内 豆知識 リンク
  メニュー
宇治茶の歴史
茶道の歴史
古儀茶道薮内流
本願寺の歴史
お濃茶
炭点前
 
美好園の茶懐石(点心)
茶道体験+茶懐石体験
茶事体験
美好園facebookページへ
 
本願寺、藪内御家元 御用達
「創業明治五年」
株式会社 美好園
 
〒600-8347
京都市下京区油小路通
花屋町下る仏具屋町235

ご質問・お問い合せは
こちら
まで。
営業時間:9時-18時
定休日:日曜日・祝日
TEL: 075-371-1013
FAX: 075-361-3909
E-mail:info@bikouen.com

 
豆知識

■ 茶道の歴史

日本の茶道を代表する、表千家・裏千家・武者小路千家・薮内家は、京都に生まれ育ち、400年を経た平成の今に、「茶の湯―日本の心」を伝えています。抹茶の歴史は、栄西禅師に始まります。鎌倉時代の初期、宋より帰った栄西は、茶樹と抹茶を飲む方法を日本に伝えました。そして、そのお茶を京都栂尾の高山寺にいた明恵上人に贈ったところ、おいしいお茶ができ、これが宇治茶の始まりといわれています。

時代は、鎌倉から南北朝・室町へと移り「闘茶」が流行するようになりました。闘茶というのは、栂尾の「本茶」と、それ以外の産地「非茶」を飲み当てる遊びですが、果ては贅沢で、度の過ぎた賭け事になり、足利尊氏も「建武式目」の中で、茶寄合を禁止した程です。茶の湯の歴史の上で、武家―室町将軍家の果たした役割は大きく、8代将軍足利義政は、歴代にわたって集められた宋・元の絵画や調度品・工芸品などの「唐物」を重く用いて、義政の銀閣寺を拠点とする将軍家を中心とした、いわゆる「書院茶湯」の骨格を作りました。

一方、同じ頃、奈良から京都へ出て、一休宗純に参禅し、新しい茶の湯を行なおうとしていた人物が、村田珠光です。珠光は、唐物一辺倒であった当事、備前や信楽の和物の美を強調し、粗末な座敷に名物を一つ飾りつけた茶の湯を工夫したのです。これを義政の「書院茶湯」に対して「草庵茶湯」とも呼ばれています。珠光の後、堺に武野紹鴎がでて、珠光の茶の湯を引き継ぎます。そして紹鴎の弟子として、茶の湯の大成者・千利休が登場します。千利休は、「書院茶湯」と「草庵茶湯」を統合し、さらに脈々と伝流していた「禅院茶礼」の思想をも合わせて、茶の湯を大成したのである。

千利休は、織田信長・豊臣秀吉という天下人に仕え、秀吉政権内部においては、絶大な権勢を誇るまでになっていました。茶の湯の歴史のうえで、信長について特筆すべき事は、「 名物狩」と「御茶湯御政道」であります。信長は、「茶入一つが、一国一城に匹敵するものとなった」との伝説があるように、数知れない名物を家臣たちへの褒賞として与え、彼らの名誉欲を満足させると同時に、茶道具に対しても、ある種の権威を付与する結果となりました。また、信長は、茶の湯を天下人の許しを得なければ、家臣が勝手に楽しむ事を許さず、茶の湯の権威ずけ、という意味で、信長は茶の湯の歴史上おおいに功績のあった人物でありました。
 
一方、秀吉にとって茶の湯とは、自己の権勢を誇示する場であり、信長が茶の湯そのものを利用したのに対して、秀吉は利休をとりまく人脈に注目して、主と家臣・弟子と師という内面に危うさをはらみながらも、これを利用しました。このような相互に依存と反発をしつつ微妙な関係を保っていたのが、ついに破綻をきたして利休が切腹を命じられ、自害したのは、有名な話であります。

千利休の茶の湯の歴史上の功績は、それまでは遊興的な要素が強かった茶の湯を、芸能の域まで高め、同時に禅や歌心をその精神的バックボーンとする事によって、西行の歌・雪舟の画・宗祇の連歌と、後に芭蕉が並び評したほどの存在とした事です。利休は、それまで多用されていた唐物を退け、かわって和物や朝鮮物を採用し、豪華なものよりは、質素で簡素なものを大胆に使用しそれに伴って茶室もしだいに狭くなりました。

その後、利休の孫・千宗旦の息子4人のうち、長男の宗拙は故あって家を出ましたが、次男千宗守が官休庵を興したのが、武者小路千家。三男千宗左が不審庵に残ったのが表千家。 四男千宗室が今日庵を継いだのが裏千家のはじまりとなります。薮内家が家祖としている薮内剣仲紹智は、武野紹鴎の弟子で、利休の弟弟子という事になります。1640年2月2代真翁は、西本願寺の茶道師家として、西本願寺13代良如上人に、門前町の現在地に迎えられて、流祖以来の道統を護持して、薮内流は千家の茶の湯とは異なった茶風を今に伝えております。
トップに戻る 

Copyright (c) bikouen, Inc. All rights reserved